« アカダマスイート | トップページ | さらなる場所を求めて »

鉄塔 坪井線

  なにげなしに部屋の窓を開けたらいつもの風景が見えた。

Img_0322

見慣れた風景、見慣れた鉄塔。

鉄塔はなんてかっこいいんだろう。
いつだってまっすぐだ。あんな風になりたいって思う。

そうだ、いつも想い描いたあの場所を探しにいこう。

僕だけのホーリースポットへ。

この街に来てもう20年になる。
人生の2/3を過ごしてきた。

通い慣れた道、見慣れた町並み、そのどこかに必ず鉄塔が目に入る。

僕の街は鉄塔の巣だ。

1

ニョキニョキ生えている。

それを見るたびいつも思い描いた場所がある。そいつを見つけるまでは帰らないぞ!

さあ進め。この電線の先に何かあるかもしれないぞ。

Img_0269

近所の鉄塔から伸びる電線を辿って僕は進んだ。

今日に限って大陽が照り返す。
半袖でも暑い。しかも自転車だ。

でも鉄塔はにょっきりと立ち、僕に語りかける。

俺がきみの探してる鉄塔だよ。
いや、俺だ。
いやいや。
おれおれ。

Img_0282

違います。君たちじゃ無いです。
だけどなかなか見つからないよ。

そりゃそうだ。だって神聖なる場所だもの。
そんなに容易く見つかりゃしない。

1本の鉄塔にたどり着く度に気落ちする。

こいつも僕の探してる鉄塔じゃあ無い。

Img_0270

いや、君もかっこいいんだよ。でも違うんだ。

Img_0290

のどかな風景とは裏腹に大陽は燃えている。

ギラギラと燃えている。

Img_0283_2



暑いし、こぐの疲れてきた。



それでも電線は続いて行く。僕の旅もまだまだ続くのだ。


Img_0284


Img_0271

Img_0285


Img_0288

いくつもの鉄塔を越え、どれだけすすんだだろうか。
ホーリースポットなんてあるのか?幻想じゃないのか?

 

いや、きっとあるさ。なかったら単なる莫迦じゃないか。

さまざまな葛藤を胸に僕はひたすら電線を辿って行った。


ん??

Img_0293

オスの鉄塔だ!!なぜかはあえて言わない。
Img_0292

 

なんて面白い事をむりやり考えるのも限界に近い。
何故なら2時間近く走っているのだ。自転車で。


Img_0298


まただ、また違う。

Img_0289


Img_0295


ここも違う。あの鳥が憎い。貴様は飛べるだろうに!

Img_0296


もう帰ろう。疲れた。
帰りは違う電線辿って帰ろう。
仕方ないよ。

もう鉄塔なんか見たくない。

僕の目にはもうこう見えた。

Img_0286


でもそんな時だった。





あ!


Img_0277





あった!!

Img_0330


ここだ。まさに探していたのはここ。
やっと見つけた。
ホーリースポットだ。

鉄塔のかっこよさはなんと言ったってそのシンメトリーな美しさだ。

真正面から見るのもいいけど、絶対に下から見たら素敵なんだ。

ずっとそう思っていた。

これでやっと見れるぞ!

さあご覧あれ。
















Img_0278_2



なんて美しさだろう。

空がシンメトリーに鉄塔に分割されて素晴らしすぎる。

これに比べたら東京タワーなんてどうだって良いとさえ思える。

電飾なんて飾りだ。邪道だ。

鉄塔は鉄塔であるべき姿のみだからこそ美しいんだ。

嫌な事があったらここへ来よう。

きっと忘れられる。

疲れたけどここを見つけられてよかった。

でも僕の鉄塔巡りはまだ終わらない。

もっと高くもっと凄いホーリースポットが待っているのだ、きっと。


鉄塔 坪井線2(御本尊様の立ち姿)

Img_0336

|

« アカダマスイート | トップページ | さらなる場所を求めて »

コメント

今日かなと思っていそいでデイリーを見たら、素敵なことになっておりました。
入選おめでとうございます。
わたくしはこれから京都にひとり旅してきます。

投稿: ヤマグチ | 2008年9月 4日 (木) 17時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉄塔 坪井線:

« アカダマスイート | トップページ | さらなる場所を求めて »